ピルの処方ならオンライン診察可能なスマルナアプリ!

ピルの処方でここ数年人気になっているのが、ネットを使ったオンライン診察です。

 

 

「忙しくて病院に行く時間がないけどピルを処方してもらいたい」
「周囲に内緒でピルを処方してもらいたい」
「受診をするのに抵抗がある」

 

 

ピルの処方でよくあるこのような悩みを解決してくれるメリットがあります。
ネットを使ったピルのオンライン処方は、クリニックが独自に行っているサービスと、この記事で紹介するスマルナのようにピル処方を希望する女性と医師を結び付けてくれるサービスの2通りあります。

 

 

クリニックが独自に行っているオンライン診察はシステム構築にお金がかかります。
オンライン診察によるピル処方は自由診療なので、その分診察料や薬代が高くなっていることが多いです。

 

また、1度はクリニックに来院して診察が受けたことがある人だけしかオンライン診察によるピル処方が利用できないケースもあります

 

 

なので、スマルナのような医師と結び付けてピルが処方されるサービスのほうがオススメです。

 

スマルナでは、超低用量ピル・低用量ピル・中用量ピル・緊急避妊薬を扱っていて、スマホを持っていればアプリをダウンロードして会員登録、本人確認を行えばオンライン診察がすぐに利用できるようになります。

 

スマホで簡単!最短24時間以内にピルが届く

>>スマルナのオンライン診察アプリはこちら<<

スマルナのオンライン診察からピルが届くまでの流れ

言葉で説明するよりも動画のほうがわかりやすいということで、スマルナのオンライン診察で実際にピルが届くまでに関するYoutubeがありましたのでご紹介します。

 

 

これからYoutubeで紹介されているピルが届くまでの流れはWEB版(旧バージョン)になります。

 

現在はスマルナアプリが配信されているのでスマルナのWEB版(旧バージョン)は、新規登録の受付を停止しているので、初めて利用する方はスマルナアプリをスマホにダウンロードしてから見ると届くまでの流れがわかりやすいと思います。

 

 

スマルナアプリのダウンロードはこちらから

 

※スマルナアプリの診察には、運転免許証・パスポート・学生証・住民票などの身分証明書による本人確認が必要になります。(アプリの登録はLINEやGoogle、メールアドレスで登録可能)

 

スマルナアプリを使ったオンライン診察メリット・デメリット

上記で紹介したスマルナアプリを使ってピルが届くまでの動画を見ればある程度スマルナアプリのメリットが伝わってくると思いますが、実際の利用者の口コミも含めてメリットとデメリットをまとめてみました。

 

【デメリット】

・18歳以上でないと利用できない

【メリット】

・ピルは「雑貨」と表記されていて中身がわからないように発送される
・チャット診察のみでピルが処方される
・最短翌日のスピード配達
・ピルや生理に関する悩みや疑問を直接医師に相談できる

 

 

ピルのオンライン処方自体が長年望まれてきたサービスなので現在のところ、デメリットとしては18歳未満は利用できないというところぐらいですかね?

 

もちろん、直接お医者さんに会って診察してもらわないと安心できない!という人もいると思いますが、そもそもそういう方はオンライン診察は利用しないでしょう。

スマルナで取扱いのあるピルの種類と料金

冒頭でも少し触れましたが、スマルナアプリでは超低用量ピル・低用量ピル・中用量ピル・緊急避妊薬といったピルを扱っています。

 

具体的なピルの種類に関しては以下の通り。

 

・ラベルフィーユ
・トリキュラー28
・アンジュ
・マーベロン
・ルナベル配合錠
・ヤーズ
・ファボワール
・フリウェル配合錠 LD「あすか」
・プラバノール
・ノルレボ
・レボノルゲストレル

 

 

※上記は、3月に確認した薬の種類で実際には異なっている場合もあるのでご了承ください。

 

スマルナで処方されるピルは、医療機関に納入される医薬品と同等なので安全です。

スマルナアプリで処方されるピルの料金は?

スマルナアプリで処方されるピルの料金の一例は下記の通り。

 

スマルナのピル価格

 

上記は低用量ピルの料金です。

 

 

きっと多くの人は

 

「クリニックに行ってピルを処方してもらうのと、オンライン診察で処方してもらう時の料金はどっちが安いの?」

 

という疑問を持つと思います。

 

まず、低用量ピルの処方は月経困難症や子宮内膜症のために処方される場合は保険適用になる場合もありますが、スマルナはそもそも自費診療を前提としたオンライン診察なので保険適用にはなりません。

 

なので、ピルが保険適用となる可能性がある場合は保険証を持ってクリニックに行って保険適用の診察を受けたほうが料金は安くなります。

 

 

自費診療の場合は、クリニックによってピルの料金や診察代が違うので一概に安い・高いとは言えません。

 

スマルナの料金が安い場合もあれば、高い場合もあります。
いくつかのクリニックでピルの価格や診察料金を調べてみた感じでは、安いクリニックだとスマルナアプリよりも1000円ぐらい(診察代も計算して)安いところもあれば、2〜3000円高いクリニックもあります。

 

クリニックで、ピルの処方を受けた経験がある人はわかるかもしれませんが、直接病院に行くとピルを処方してもらいたいだけなのに色々な検査が追加されたりして最終的に診察代が結構高くなったりすることもあります。

 

そういった点を考えれば、最初から診察料・薬代・送料がはっきりとわかっているスマルナアプリのほうが、安心して利用できるかなと思います。

 

ただ口コミを見るとこれまで個人輸入を利用してピルを使っていた人にとっては、高いと感じる人もいるようです。(個人輸入だと1箱1000円とかで買えてしまうので・・・)

SNS上でのスマルナの口コミを集めてみた

ツイッターでの口コミを紹介しましょう。

 

 

 

 

 

 

 

 

スマホで簡単!最短24時間以内にピルが届く

>>スマルナのオンライン診察アプリはこちら<<